医者

水虫や巻き爪を皮膚科で治療|肌のTRAVELを撲滅

皮膚科の治療

足

皮膚に関するトラブルや悩みが生じてしまった場合は、皮膚の健康をサポートする皮膚科に通って治療を受けると良いでしょう。皮膚科が行なっている治療の1つが水虫で、白癬菌というカビの菌に感染してしまうことによって生じる水虫は、患部に痒みや化膿、痛みなどが発生してしまいます。白癬菌が爪の中に侵入してしまいますと、爪水虫という症状が現れてしまい、治療がより困難になってしまいますので、皮膚科に行って治療を受けるようにしましょう。皮膚科では水虫の原因となっている白癬菌を死滅させる効果がある抗生物質などを処方していますので、そのような薬を飲むことによって水虫を解消することが出来ます。
深爪や外傷による爪の変形によって引き起こされる症状が巻き爪で、放置していても自然治癒する可能性は低いので、皮膚科で治療を受けるようにしましょう。巻き爪の治療は手術が主流でしたが、近年東京などにあるクリニックを中心にして保存的治療が広がりつつあります。ワイヤーやクリップなどで爪を矯正する巻き爪治療であれば、痛みを感じずストレス無く巻き爪の症状を改善することが出来ます。
ニキビなどの肌トラブルが発生してしまった場合は見た目が悪くなってしまいますので、新宿にある皮膚科などで治療を受けると良いでしょう。新宿にある皮膚科では、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する薬や、毛穴の詰まりを改善する効果のある薬を処方しています。このような薬を使用することによってニキビを治して美肌を取り戻すことが出来ますので、頑固なニキビをどうしても改善したいという方は新宿にある皮膚科に行きましょう。

爪の水虫を治療

病院

日本人の多くが爪水虫になっていますので、爪水虫になってしまった場合は早急に皮膚科で治療を受けるようにしましょう。皮膚科では爪水虫の症状を改善することができる薬を処方しています。

読んでみよう

皮膚科で治療

足

巻き爪の症状が進行すると痛みによって歩行が困難になってしまいます。巻き爪の症状が出てしまったら、皮膚科で治療を受けるようにしましょう。東京のクリニックでは負担の少ない保存的治療を行なっています。

読んでみよう

ニキビを改善する

2人の医者

新宿にある皮膚科ではニキビの治療も行なっているので、吹き出物の肌トラブルで悩んでいる方は通いましょう。お肌に直接塗る外用薬や、経口摂取する内服薬などがありますので、どれが良いか選びましょう。

読んでみよう